障害学生支援スタンダード

障害学生支援をすすめるうえで、高等教育機関が準備すべき障害学生支援の体制や人材、そして専門性を、『障害学生支援スタンダード』としてまとめました。


『障害学生支援スタンダード』策定の目的

 障害のある大学生がどの高等教育機関でも質の高い配慮・支援が受けられることを目指して、大学等において備えるべき支援体制や人材、そして障害学生支援に関わる教職員が持っているべき専門的知識・技術とは何なのか、ということを示すために、『障害学生支援のスタンダード』を策定しました。

■策定の経緯

 「障害学生支援スタンダード集」は、現在8つの領域からできています。各領域に含まれる項目は、SIG:テーマ別専門部会のメンバーによって2年間かけて議論されてきました。またPHEDの参加校・参加企業・参加団体(障害のある大学生・大学院生本人を含む)からのコメントを受けて、内容に反映させています。

■構成

 8つの領域の各スタンダードは、いくつかの大項目のなかに詳細な項目が含まれる階層的な構成をしています。いずれの項目も障害学生支援担当部署(あるいは担当者)が備えるべき知識・技術・態度について記述されています。これらの項目は「スタンダード」であり、必ずしも全てがなくてはならないというものではありません。しかし、できる限りこれらの項目を満たすような専門性のある人材を確保し配置するということは、障害学生に適切な配慮・支援を提供するためには不可欠であり、担当になった教職員は、これらの専門性を身に付けられるように研修や研鑽を積むことが大切だと考えています。

 ただ、障害学生支援の体制整備が徐々に進んできたとはいえ、このような幅広い領域にわたる専門性を持つ人材は現状のところ多くいるわけではありません。そのいった場合に、高等教育機関ではいくつかの領域を得意とする人材を複数人配置し、組織することで、学内全体の障害学生支援のキャパシティを向上させることを目指していただきたいと思います。この「障害学生支援スタンダード」の領域や各項目は、各大学等における障害学生支援体制の整備状況・達成状況を多角的・客観的に把握する指標となります。またそういう点では、各校での自己点検評価の材料として用いることも可能になります。

 また、大学等によっては立ち上げ間もない障害学生支援担当部署や、経験の浅い担当者らが日々模索しながら学生の配慮や支援のコーディネートを行っている現場もあることでしょう。そういった初学者の担当者には、この「障害学生支援スタンダード」を基本的知識・専門的技術を学ぶための教科書のように使用していただくことができると思います。スタンダードの項目は、全国の先進的な取り組みを行う機関や実践家のベストプラクティス(=よい実践)を集約したものでもあるので、各項目の内容を丁寧に読み、理解し、日々の実践につなげていただくことができれば幸いです。

■専門的研修CBIとの関連

 PHED事業では、「障害学生支援スタンダード」の主要な項目に即した形で専門的研修CBIを提供してきました。スタンダードを読み、CBIで取り扱ってきたテーマや実践事例の背景にある、根拠や専門性についても理解を深めていただきたいとと思います。

■策定メンバー

 現在8領域からなる「障害学生支援スタンダード」は、8つのSIGにおいて2年間の年月をかけて検討・策定されました。

 ➡(SIGメンバーはこちらから)


『障害学生支援スタンダード』の使い方

◎どなたでもご覧いただけます◎

▶障害学生支援の担当者に

支援担当部者にとって、このスタンダードの項目は自らの職務の定義となるとも言える。障害のあらう学生に質の高い配慮・支援を提供するために、何を知っておく必要があるのか、どう行動するのか、何を判断基準にするのか、を知るうえで重要な情報が盛り込まれています。また、大学組織全体において不足している専門性やリソースを点検し、必要なものを準備するためにすべき行動やそれに係るコストを検討する際にもこれらのスタンダード項目が活用できます。

▶障害のある学生に

大学や大学院における修学上あるいは学生生活上の合理的配慮として、ご自身がどのようなことを求め、何を達成したいと考えるのかを、大学等の担当部署・担当者にまずは表明することから始まります。このスタンダードにある項目を現在の全ての大学が満たしているわけではありませんが、このような水準の学生支援サービスをベストプラクティス(=よい実践)としてすでに多くの大学が目指し、取り組もうとしていることを知っていただきたいと思います。そのうえで、ご自身に必要な配慮の内容をどう伝え、どこまで求めるのかという選択において、参考にしていただけると幸いです。

▶高等教育機関の運営本部に

各機関における、障害学生への差別防止と適切な合理的配慮提供の土台となる組織的な体制整備状況の自己点検の材料としていただきたいと思います。また、スタンダードの各項目は、学内の学生支援キャパシティを高めるための障害学生支援担当部署の人材構成を考えたり、担当者を新たに採用する際の参考になるでしょう。さらに学内でのFD/SD研修テーマ選出の際にも役立ちます。

<使い方>

下のスタンダード集から、ご覧になりたい領域の項目をダウンロードしてご利用ください。現在はPDFで提供しています。なお、領域によっては別紙参考資料があります。

※『障害学生支援スタンダード」は、SIGのメンバーおよいPHED事務局によって作成されたものであって、著作権はSIGおよびPHED事務局にあります。ルールを守ってご利用いただけますよう、よろしくお願いいたします。


障害学生支援スタンダード

(※上記の「使い方」を読んでからご利用ください)

★PDFをダウンロードできます

  
  

今後の発展について

 現在は8領域のスタンダードですが、これらのテーマというのは時代や社会的背景によっても変化するものです。その時々に必要な情報を提供できるように、各SIGではこのスタンダードのブラッシュアップが継続的に行われます。また、AHEAD JAPANなどの関連団体等とともに、これらのスタンダードの活用方法について引き続き検討されます。