PHED事業について

目的と期待される成果

  • 障害学生支援のスタンダード構築

  • キャリア・就労移行の連携構築

  • 障害学生のエンパワメントの成果創出

障害と高等教育に関するプラットフォーム形成事業(PHED:フェッド)は文科省からの補助を受け、2017年から東京大学が取り組んでいる3年間のプログラムです。将来にわたり障害のある学生への支援を支えていく組織的アプローチの土台としての大学等の連携プラットフォームを形成します。

障害学生支援スタンダードの構築、キャリア移行と就労支援、障害学生のエンパワメントという3つの柱について、全国の大学・自治体・企業と連携した体制構築をすすめています。

社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業の概要
社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業の概要

事業運営

代表校

  • 東京大学
    • 近藤武夫:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      近藤武夫:准教授(先端研人間支援工学分野:バリアフリー支援室)
    • 高橋桐子:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      高橋桐子:特任准教授
    • 森脇愛子:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      森脇愛子:特任研究員

事業の統括・管理運営、知見の集約と構造化、各種事業の実施

連携校

  • 富山大学
    • 西村優紀美:准教授(アクセシビリティ・コミュニケーション支援室)
  • 筑波大学
    • 竹田一則:教授(障害学生支援室)

代表校の行う各種事業への連携・協力

参加機関

  • AHEAD JAPAN
    • 石川 准:代表理事(AHEAD JAPAN事務局)
  • ACE
    • 西原 靖(ACE学との連携部会)

会員校・会員企業のSIG活動への接続

  • PEPNet-Japan
    • 白澤麻弓:事務局長(PEPNet-Japan事務局)

聴覚障害学生支援の専門的知見提供


テーマ別専門部会 SIG

  • SIGとは :What is a SIG?

    PHED事業の基盤となる、テーマ別検討部会Special Interest Group (SIG)のことです。SIGは、障害のある学生の修学支援や就労移行支援等においてとりわけ重要と考えられるテーマに基づいて立ち上げられます。全国の大学教職員、公的機関、企業等で障害学生支援に携わっている複数のメンバーで構成されています。各SIGでは関連情報を共有し、リソースの開発や活用を通して障害学生支援の向上を図るための活動を行います。

  • SIGの目的 :What is the mission of SIGs?

    大学等高等教育機関において、障害学生支援に関わる教職員が、どのような専門的知識・技術を身につけると、質の高い支援を提供できるのかということを中心に議論し、3つの成果創出に向けて活動します。

    (1)Quality Indicator (QI)の策定;

    障害学生支援のスタンダートとなる知識・技術の基本体系をつくる。

    (2)コスト・リソースへの対応方法;

    QIを達成するために必要なコスト(お金・人員)を検討し、必要なリソースを揃えるための手立てを提案する

    (3)理解啓発コンテンツの作成;

    教職員や一般学生だけでなく、障害学生本人や保護者向けにも、障害学生支援や合理的配慮提供に関する理解啓発のための専門的研修の実施やコンテンツを作成します。

    また、SIG活動そのものが大学等と社会を連携させるネットワークとなります。

  • 7つのSIG :What types of SIGs are there?        

    SIGは流動的にとりわけその時に重要と考えられるテーマに基づいて立ち上げられます。現在7つのSIGが立ち上がっています。

    ● SIG-AT(Assistive Technology)
    支援機器の選び方、フィッティング
    ● SIG-CSW (Campus Social Work)
    地域のリソース、繋がりの活用方法
    ● SIG-ACCESS (Accessibility)
    キャンパス内での全般的なアクセス
    ● SIG-ET (Employment Transition)
    就労移行に必要な情報、インターンシップ
    ● SIG-TS (Technical Standards)
    専門職養成課程での配慮、学内外の実習での支援
    ● SIG-Law
    障害者差別禁止法や関係法令の理解
    ● SIG-EP (Emergency Preparedness)
    災害など緊急時対応、安全確保、準備
  • SIGミーティングの様子

    各SIGのメンバーは日常的に情報交換を行いながら自立的な活動を行っています。また定期的にオフライン/オンラインのミーティングを開催し、議論を深めています。

  • 専門的研修CBI :Capacity Building Institute

    障害学生支援に関わる専門的なテーマやトピックに絞り、より高度で具体的な内容の研修を実施しています。障害学生支援の実践に必要な知識や技術は非常に多岐の領域にわたります。担当者だけが備えていればいいというものではなく、大学等機関全体でキャパシティを向上させることが大切です。

    また、PHEDにおける専門的研修はCBIは特定領域の支援方法論や障害学生支援の現場で実践的に必要とされる知識や技術を集約し、大学等機関間の情報交換の場となるという目的も兼ねています。全国のグッドプラクティス(=よい実践例)を共有し、日本全体のキャパシティ向上を図る取り組みでもあります。

    CBIの実施形式は、シンポジウム、セミナー形式以外にも、教職員と障害学生が一緒に参加するワークショップや、外部イベントとのコラボレーション企画もあります。また、遠隔会議システムを用いたウェビナー(ウェブ+セミナー)形式を導入し、担当者がそれぞれの現場にいながら研修に参加できる仕組みも整えています。

    シンポジウム
    ウェビナー

    <これまでのCBI開催内容>


関連法令リスト