PHED事業について

目的と期待される成果

  • 障害学生支援のスタンダード構築

  • キャリア・就労移行の連携構築

  • 障害学生のエンパワメントの成果創出

障害と高等教育に関するプラットフォーム形成事業(PHED:フェッド)は文科省からの補助を受け、2017年から東京大学が取り組んでいる3年間のプログラムです。将来にわたり障害のある学生への支援を支えていく組織的アプローチの土台としての大学等の連携プラットフォームを形成します。

障害学生支援スタンダードの構築、キャリア移行と就労支援、障害学生のエンパワメントという3つの柱について、全国の大学・自治体・企業と連携した体制構築をすすめています。

社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業の概要 -東京大学-

障害のある学生が将来にわたって活躍できる社会の実現に向け、大学、福祉・労働期間、企業等が連携・協力し、障害学生の修学・就職支援を推進する体制、ノウハウの蓄積、開発、共有するプラットフォームを形成。

社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業の概要
社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業の概要

マネジメント体制

代表校

  • 東京大学
    • 近藤武夫:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      近藤武夫:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
    • 高橋桐子:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      高橋桐子:特任准教授
    • 森脇愛子:准教授(先端研:バリアフリー支援室)
      森脇愛子:特任研究員

事業の統括・管理運営、知見の集約と構造化、各種事業の実施

連携校

    • 西村優紀美:准教授(アクセシビリティ・コミュニケーション支援室)
    • 竹田一則:教授(障害学生支援室)

代表校の行う各種事業への連携・協力

参加機関

    • 石川 准:代表理事(AHEAD JAPAN事務局)
    • 西原 靖(ACE学との連携部会)

会員校・会員企業のSIG活動への接続

    • 白澤麻弓:事務局長(PEPNet-Japan事務局)

聴覚障害学生支援の専門的知見提供